肌が綺麗な女性

確実な避妊を狙うなら低用量ピルを服用するのが良い

避妊の方法にはいくつかの方法がありますが、その中でも確実性が高い方法が低用量ピルを用いた方法です。
低用量ピルの中でも名前が知られているトリキュラー、この状態を用いれば効果的に避妊効果を持続させていくことが出来ます。

そもそも、避妊のために用いられることになる低用量ピルは女性ホルモンに直接働きかけることでその効果を発揮しています。
女性ホルモンには大きく分けて黄体ホルモンと卵胞ホルモン、二つの種類がありますが、この二つのホルモンに似た成分を含んだものが低用量ピルとなります。

この二つの女性ホルモンの働きによって体の変化を促し、排卵自体を抑制していくことができます。
低用量ピルの魅力はその避妊効果だけではなく、身体への負担の少なさにあります。
そもそも女性ホルモンはそのバランスがちょっと変化しただけでも体への変調があらわれることになります。
極端な場合だとホルモン成分を過度に摂取することで吐き気やめまいなどの副作用があらわれることもあるわけです。

こうした副作用を最小限に抑えることが出来るのが低用量ピルです。
トリキュラーのような低用量ピルは三相性タイプのピルで、ホルモン成分の含有量が3つの種類に分かれています。
ホルモン成分の量に違いを持たせることで、身体をその変化に慣れさせながら順応させていくことが出来ます。

避妊を確実に成功させるために低用量ピルを服用したいけれども、その副作用が心配という人はこうした三相性タイプのピルを選択するのがおすすめです。
低用量ピルにはこの他にも種類はありますが、三相性ピルに比べて副作用が強くあらわれてしまうことがあります。

低用量ピルは毎日決まった時間に服用して初めてその避妊効果を発揮するものなので、そこまで副作用が顕著に出る薬は避けるに越したことはありません。
毎日続けるにあたって支障のないもの、身体への負担がより少ないものを選んでいくことが大切になっていくわけです。

トリキュラーの21錠と28錠タイプの違いについて

先に挙げた低用量ピル、トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプの二つの種類があります。
この二つの種類で一体何が違うのかといえば、それは単純に錠剤の数が違うだけです。
実際のところ、薬の中に含まれる成分、その効果に関しては全く違いがないため、どちらを選んだとしても一定の避妊効果は得られることになります。

ただ、注意が必要なのがその服用方法についてです。
21錠タイプのトリキュラーは1シートをすべて飲み終えた段階で生理が始まることになります。
そして、生理が終わるタイミング、つまり1シートを飲み終えて7日目に次の新しいシートを飲み始めることになります。

それに対して28錠タイプのトリキュラーの場合、シート内の後半部分に偽薬と呼ばれるホルモン成分が含まれていない錠剤が入っています。
この偽薬のタイミングで生理が始まり、1シートを飲み終えた段階ですぐに次の新しいシートに移っていきます。
服用方法としては、毎日欠かさず錠剤を服用する必要があるという事です。

単純に、少しでも服用する状態の数を減らしていきたいというのであれば21錠タイプのトリキュラーがおすすめになっていきます。
ただ、このタイプのトリキュラーは生理が終わった段階で新しいシートを服用し始めることになるため、その分飲み忘れのリスクが高まります。

毎日錠剤を飲み続けるという習慣を身に着けるためには、偽薬を含んだ28錠タイプのトリキュラーの方がおすすめになっていきます。
もちろん、好みによってどちらを選ぶかは変わってくることになりますが、まずはこのタイプの違いについてしっかり押さえておくようにしましょう。
どちらでも避妊効果に変わりはない、という点は覚えておくに越したことはありません。