肌が綺麗な女性
ガッツポーズをしている女性

アイピルなどのアフターピルは通販で購入することができます。
服用する前に、それについてしっかりとした知識を身に着けておくことが大切です。
アフターピルを通販購入する場合、どのように入手するか、偽物に注意する、どのようなメカニズムで妊娠を回避することができるのか、どのような効果や副作用があるのかなどについて理解していないと、アフターピルの適正な効果を得ることができない可能性があります。
通販でアイピルの口コミを確認することもリスクの回避に繋がるのでしっかりと確認しましょう。
これらのことをしっかりと理解してアフターピルを適正に使用すれば高い確率で避妊を成功させることができ、望まない妊娠を避けることができます。
自分の身体や大切な人を守るためも、しっかりとした知識を身につけることが大切です。
以下では、アフターピルについて知っておくべきことを説明していきます。

アフターピルの通販購入は偽物に注意

アフターピルを購入する方法は様々です。
アフターピルは病院で処方してもらうこともできますが、通販で購入することもできます。
病院で処方される場合には偽物が処方される可能性はほとんどありませんが、通販で購入する場合には偽物を販売される可能性があるため注意が必要です。

意外に思われるかもしれませんが、アフターピルは個人輸入することも可能です。
個人輸入したものを自分で使用するのであれば、法的にも何の問題もありませんが、個人輸入したものを、他者に受け渡す行為は違法となるので注意が必要です。

また、個人で輸入する場合には、偽物を掴まされる可能性があるため注意が必要です。
偽物のアフターピルを服用しても本来の避妊効果を得ることができない可能性がありますし、思わぬ副作用が出る可能性もあります。
そのため、アフターピルを通販で入手しようとする場合には、偽物に注意する必要があり、信頼できる販売会社から購入する必要があります。
日本にはアフターピルを販売している信頼できる通販会社が多くありますが、海外から個人輸入で入手しようとする場合には特に注意が必要です。

個人輸入をする際には偽物に注意することが必要ですが、どのように偽物を見分けたら良いでしょうか。
薬のパッケージや包装や錠剤の色や形が明らかに違う場合は素人でも本物か偽物か判断することができますが、中にはパッケージ、包装、錠剤の色、形、大きさが同じで精巧に作られたものも存在します。
その場合には見た目だけで判断する事が困難です。
信頼できる通販サイトから購入することが大切ですが、まず参照するべきは価格です。
様々な通販サイトがあるので、まずはサイトによって同じアフターピルがどれくらいの値段で販売されているのかを比較することが大切です。
この方法を使えば、おおよその適正価格を知ることができます。
明らかに適正価格よりも安いものがあれば、それは偽物である可能性が高いため注意が必要です。
偽物を入手してしまった後ではどうしようもありませんし、適正な効果を得ることができない場合もあるため、偽物を入手しないように十分に注意することが大切です。

価格の他にも信頼できそうな口コミがあるかどうか、クレジットカードなどの支払いに対応しているか、あるいは、配送方法に関する記述があるかどうかなども確認するようにすることが大切です。
クレジットカードに対応している会社であれば、ある程度信頼できますし、支払い方法が多様であるため、様々な人が活用して、信頼できる会社か否かを判断しやすくなります。
また、配送方法に関する詳細な記述があるか否かを確認することも大切です。
アフターピルは薬です。
そのため、適正な方法で配送されなければ薬の適正な効果を得ることができない可能性もあります。
しっかりとした会社であれば、その点を理解していることから、配送方法に関する適正な記述がありますし、質問に対する電話対応窓口を設置しています。
本物の製品を販売している通販会社では、購入する方が不安に思うことにしっかりと対応できるようにするために様々な工夫をしています。

特に、通販サイトであるにも関わらず、特定商取引法表記が記載されていないサイトは危険です。
特定商取引法表示が記載されているかどうかを確認した上で、それ以外にも口コミを参考にしたり、これまでその通販サイトから入手してトラブルがあったケースなどないかをチェックすることも必要です。
万が一、注文した商品と違っていたり、商品の箱が破損しているものが届いた時や、正規品以外のものが届いた場合に交換対応をしてくれている業者を選ぶと良いです。
交換対応が保証されていれば安心してアフターピルを購入できます。
アフターピルを通販で購入する場合には、偽物があることをしっかりと認識し、信頼できるサイトから購入するようにすることが大切です。

アフターピルのメカニズムについて

アフターピルのメカニズムについてもしっかりと理解しておくことが大切です。
それはアフターピルを服用することがなぜ避妊につながるのかを理解することにつながるからです。
加えて、アフターピルを服用することでどのような副作用が出る可能性があるのかも理解すれば、副作用にどのように対応すべきかがわかるようになります。

アフターピルが妊娠を防ぐメカニズムは、アフターピルに配合されているホルモンの作用によって脳下垂体を妊娠したと思わせることによって成立します。
アフターピルを摂取することによって、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンと同じ作用を起こし、人工的に黄体ホルモンが分泌された状態を作り出します。
この黄体ホルモンが脳下垂体を妊娠したと勘違いさせることによって、排卵の抑制、子宮内膜の増殖の抑制、そして子宮頸管の粘膜を変化させ精子が卵子と受精することを防ぎます。
これがアフターピルを用いることによって避妊効果を得ることができるメカニズムです。

女性ホルモンの一つで黄体ホルモンであるプロゲステロンは、女性の体内で排卵直後から卵巣で作られるものです。
このプロゲステロンが持つ主な働きとしては、女性の身体、特に子宮を妊娠の準備が整う様に変化させます。
このプロゲステロンの働きが月経周期を決めたり、受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くしたりします。
プロゲステロンの分泌がなくなると生理が起こるというメカニズムが女性の身体にはあり、黄体ホルモンが含まれているアフターピルを服用することによって、体内でプロゲステロンが分泌されたと脳下垂体が勘違いします。
その後、薬の効き目が切れるとともにプロゲステロンが分泌されない状態を人工的に作り出すことができることによって、生理が生じるメカニズムを人工的に作り出すことができるので妊娠を防ぐことができます。

このように、アフターピルは本来女性の身体に備わっているホルモンバランスに働きかけます。
アフターピルを使えば人工的に妊娠した状態を作り出すことになりますし、急激に身体の中のホルモンバランスを崩すことになります。
結果として、アフターピルを摂取すると副作用が生じる場合があります。
アフターピルを摂取すると、頭痛、目眩、腹痛、胃のむかつき、吐き気などの副作用が出る可能性があります。
副作用が出る主な原因はアフターピルが身体の中に自然に備わっているホルモンバランスを崩すからです。
急激に身体の中のホルモンバランスが変化するために、身体に様々な副作用ができます。

アフターピルが妊娠を防ぐメカニズムをしっかりと理解していれば、この副作用に対する対処の仕方もわかります。
アフターピルはホルモンバランスに働きかける薬なので、胃薬などを飲んでも症状は改善しません。
アフターピルを服用することに伴う吐き気は、ホルモンバランスの乱れからくるものなので、酔い止めを服用することによって緩和することができます。
また、基本的な対処法は家で安静にし、横になっているようにすることです。
安静にしていれば、その分身体は楽になります。

アフターピルで避妊の効果を得るためには、避妊に失敗してからできるだけ早く薬を飲む必要がありますが、副作用の発生を抑えるためには、食事の後や夜眠る前に服用するようにすると、副作用の症状を緩和することができます。
副作用がホルモンバランスの乱れからくるものであることを理解していれば、ホルモンバランスができるだけ安定するようにすることが、副作用を緩和するための対処法となることがよく理解できます。

上で説明したように、アフターピルが避妊に効果があるのは、黄体ホルモンを摂取することによって人工的に妊娠している状態を作り出し、脳下垂体に対して妊娠しているように勘違いさせるからです。
服用の結果、自然のホルモンバランスを崩すことになることから様々な副作用が出る可能性があります。
副作用の程度は個人によって異なりますが、家で安静にすることが大切です。

アフターピルは確実な避妊効果がある

アフターピルは非常に高い避妊効果があります。
他の避妊具と比較しても非常に高い避妊効果を得ることができます。
しかし、摂取することによって副作用が出ることもあるので服用の際には十分に注意することが大切です。
また、適正な飲み方をしなければ、効果を得ることができないだけでなく、身体に大きな負担をかけることになりかねません。
アフターピルは用法・用量を守って服用することが非常に大切です。

アフターピルの避妊効果は、性行為に失敗して1日以内に服用した場合には95%程度、3日以内に服用した場合には75%程度と言われています。
服用のタイミングは非常に重要で、性行為に失敗したあと72時間以内に服用しないと避妊の効果を十分に得ることができない可能性があります。
膣内に入った精子が卵子にたどりつき、受精卵となり、その受精卵が着床するまでにかかる時間が72時間前後と言われています。
着床とは、受精卵が子宮内膜で結合し妊娠が成立することを言います。
その着床するまでの時間内でアフターピルを服用すれば、妊娠する確率を大幅に減らすことができます。
そのため、アフターピルは72時間以内に服用することで妊娠を防ぐことができます。

24時間以内に服用することが最も効果的で、72時間以内に服用した場合でも、時間が経過すればそれだけ避妊に失敗する可能性も高くなります。
避妊に失敗してから72時間を超えてしまうと、避妊率は60%にまで下がり妊娠する可能性が高まってしまいます。
なお、すでに妊娠してしまっている場合にはアフターピルに避妊の効果を期待することはできません。

アフターピルを服用した後、2時間以内に吐いてしまった場合には、避妊の効果を得るために十分な成分が身体に吸収されておらず、もう一度服用する必要があります。
アフターピルを服用してから、約2時間程度で有効な成分がほぼ完全に身体に吸収され、効果を発揮することができると考えられています。
そのため、もし、吐いてしまった場合に、再服用しなかった場合には妊娠してしまう可能性が高まりますので注意が必要です。

今回はアフターピルにフォーカスして、ピルを使った避妊について解説していますが、「低用量ピル」というのもあります。
低用量ピルの中では、通販で購入できるトリキュラーが有名で、トリキュラーを利用した避妊も可能です。
アフターピルと低用量ピルでは、それぞれ特徴がありますので、シーンに合わせて使い分けると良いでしょう。

消退出血とは

アフターピルを服用した後、避妊に成功した場合には基本的に「消退出血」が起こります。
消退出血というのは、体内で剥がれた子宮内膜が、体外へ流れる際に起きる出血のことを意味します。
この消退出血は、アフターピルを服用すると自然に起きる現象です。
アフターピルを服用した後、10日程度で消退出血が出る場合が多いです。
消退出血が起こるまでの時間は個人差があるため一概に言うことはできませんが、早い人では3日前後、遅くても3週間以内に消退出血が起きれば避妊が成功したと言えます。

ただし、消退出血はすべての人に必ず起こるものではないため、消退出血がないから妊娠したというわけでもありません。
もし3週間しても消退出血が起こらない場合は、妊娠している可能性があるため、妊娠検査薬などで検査する必要があります。
そのため、アフターピルを服用してから3週間を過ぎても、生理が来ないような場合には病院に行くようにすることが大切です。

アフターピル服用についての注意点

以上をまとめると、アフターピルの効果を最大限に高めるためには、避妊に失敗したらなるべく早くアフターピルを服用することです。
時間が経過するにつれて、避妊の可能性が低くなっていくため注意が必要です。
他の避妊具よりも確実な避妊効果があることがアフターピルの特徴ですが、服用に伴う副作用もあり、身体に大きな負担をかけることになることをしっかりと認識する必要があります。
アフターピルは、身体に備わっているホルモンバランスに強制的に働きかけるものです。
ホルモンバランスが崩れることで様々な副作用が出る可能性がありますので、服用後は安静にしていることが大切です。
アフターピルを服用することで避妊できるメカニズムをしっかりと理解し、副作用もしっかりと把握した上で、万が一に備えておくことが大切です。